CAになってよかったこと(1)

『CAになってよかったことは何ですか』

これも大変多い質問です。

そして回答が大変難しい質問です。

何故なら、国際線CAになってよかったことは山ほどあるから!!です。

まず一番最初に上げられるのはその名の通り世界中を訪れることができることですね。

私は軽く30都市以上はフライトで滞在したことがあります。

この経験を大学を卒業してからの20代のうちに自分1人でやろうとしたら、費用も時間も莫大にかかりますし、難しいと思います。

20代という多感で多いに勉強と冒険ができる時期にこの経験ができるのはお金では買えない価値があります、いやお金はもらえますね、お給料で。

私はCAとして働いている時、お金をいただいて勉強しているようなものだな、と思っていました。

各国の文化、つまり言語、人との出会い、街での思い出、食事、ショッピング・・・これらをお給料としてお金をいただきながら経験できるって最高だと思いませんか。

観光客とは違いますから、よりローカルな面に触れる事も可能です。

ラスベガスのベラッジオの噴水、抜けるような青空のカリフォルニア、−30度の厳冬のシカゴ、喧噪と刺激に満ちたニューヨーク、北極圏から眺めたオーロラ、シャンゼリゼ通りのクリスマス、ロンドンで見たオペラ座の怪人、哀愁を感じる東南アジアの夕暮れ、万里の長城から見た圧巻の景色・・・

思い出せばキリがありません。

今でも世界中トランク一つでフラッと出かけられるような気がしますし、そういう自信もつきました。

今一番食べたいものはサンパウロで食べたシュラスコ!!

昨日のサッカーブラジル戦の影響かもしれませんが(笑)

もちろん、海外のサッカーやベースボールのクラブチームがお好きなら、現地で試合観戦することが可能ですよ。

国際的おっかけをしている同僚もおりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>