CAの英語(1)外資航空会社編

国際線のCAというと、『英語ペラペラ』なイメージがありますね。

CAに必要な英語力というとバイリンガル並みのスキルを想像されるかもしれませんが、

実はそうでもありません。

日系、外資系を比べるとやはり外資系の方が高いスキルを求められます。

今回は外資系エアラインについてお話しましょう。

エントリーシートから面接まですべて英語で行われますから、それなりに英語ができないと試験を受けることすら困難です。

何より、外資系は受験者に英語力に自信のある海外生活経験者が多いですから、そういったライバルに打ち勝つ為にも英語力がないと戦えないでしょう。

しかし、外資系のエアラインはどうして日本人乗務員を採用するのか、考えてみたことはありますか??

何も英語が母国語ではない日本人をわざわざ採用しなくても、(訓練や渡航費など多くの経費がかかることです)すべて自国の乗務員を雇えばいいはずです。

日本人が外資系エアラインに採用される理由、それは

『日本人のお客さまを接客する為であり、つまり日本語要員として』

そして昨今では

『おもてなしに表されるような日本人の高いホスピタリティースキルを求めて』

採用されるのです。

ですから、外資系航空会社では英語だけで勝負するのではなく、

日本人として何ができるか、どのようなメリットやサービスを提供できるか

そちらを全面に出して採用試験の臨まれるとよいでしょう。

ちなみに私は大手日系航空会社におりましたが、その在籍中にご縁あって中東の某ナショナルフラッグエアラインからヘッドハンティングを受けました。

私はそんなに英語が堪能ではないのですが、書類、一次、二次を通り越し、最終面接から受けて欲しい、と言われました。

私は当時の環境に満足しておりましたので、そのようなお話は辞退すると一旦お伝えいたしましたが、その後も何度か勧誘のメールを戴きました。

その時のお相手のエアラインのボスは、『日本の航空会社のファーストクラスを専任できる高いホスピタリティーを持った人材が欲しい』と言っておられました。

それは経験者だけではなく、新入社員に求める期待でもあるでしょう。

言い換えれば英語よりも

日本人としての感性、美徳、ホスピタリティーを体現できるかどうかが大切であることを忘れないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>