カテゴリー別アーカイブ: 身だしなみ

合格するメイクアップのポイント(1)

CAと言えばメイクバッチリ、なイメージですね。

社内ではメイクアップに関するレッスンがあったり、やり方にも様々な決まりがあり、メイクアップがCAにとって重要なことは言うまでもありません。

ただし、自己流のメイクアップと航空会社のメイクアップは違います。

まず、今日は1番大切なポイントから。

メイクアップで1番重要なパーツはなんだと思いますか?

メイクと言えば目?

アイメイクをしっかりして目力アップを狙うのが正解でしょうか。

いえ、違います。

正解は、肌。ベースメイクが1番重要です。

もし皆さんがお客さまだったとしましょう。

アイメイクの薄い方に接客されても何も思わないと思いますが、お肌の汚い方に接客されたらどうでしょう?

正直、少し不快な気持ちになりますね。清潔感が感じられないからかもしれません。

接客業を担うに当たって、印象で1番重要なのは肌だと思います。

メイクの流行は『目』ですがアイメイクは個性を強調するもの。人によっては好き嫌いもあります。プライベートではおおいに結構ですが、航空会社が求める容姿は個性より『全体美』。

肌の美しさは清潔感や洗練された美しさをアップさせます。肌が美しいということは身体が健康であることを表すサインでもありますし、肌の美しい人を嫌いだという人はいないでしょう。第一印象が勝負のCAにとって、肌が美しいということは大変重要です。

実際にニキビができてしまうと治るまで乗務停止・・・という航空会社もあるくらいです。(某トップエアラインです)

私の会社でも肌が荒れていたり、ニキビがひどかったりすると上司にしっかり直すように言われます。

そのくらい会社も重要視していますから、試験管もそこ(肌)をばっちりと見ています。

肌は1日2日では変わらないもの。メイクのテクニックは1日習えば身に付きますが、お肌はそうはいきません。

普段からコツコツとできることとしては、まずは健やかなお肌をキープすることからおすすめしたいと思います。

必ずや、武器になるでしょう。

次回からは、もっとテクニック的なメイクアップ方法やスキンケアの方法などについてもお話したいと思います。

第一印象が大切な理由(1)

もしあなたが初対面の人に会った時、

人は第一印象だけで今後のその人に対するイメージの90パーセントを決めてしまう

と言われています。

これは航空会社の入社試験だけでなく、それ以外の就職試験でも当てはまりますし、社会人の人間関係の基本の重要ポイントだと思って肝に銘じていた方がいいことだと思います。

『第一印象なんて、その後の付き合い方次第で改善することは可能。私にはこんなにいいところが実はあるんだし、時間をかければわかってくれるはず』

そう思って第一印象を一過性の印象だと思って軽視している方はいませんか?

第一印象をその後180度覆すのはほぼ無理でしょう。

多少努力して改善できたとしても多大な時間と労力を必要とします。

ましてや、航空会社のCAとして第一印象が悪いというのは致命的です。

搭乗後、初めてお会いしたお客様と長距離フライトだったとしてもご一緒する時間は12〜13時間です。

第一印象でしくじった場合、それを取り返す時間などありません。

お客様とその後、接待や懇親会や立ち飲み屋で一杯ひっかけながら徐々にお互いの懐に入り込んでいく、そんな時間はCAにはないのです。

もし、CAの第一印象が悪くてお客様に満足していただけなかったり、むしろ不愉快な思いを抱かせてしまった場合、お客様にとっては『そのCAの印象=航空会社の印象』となり会社自体が大変不利益を被ることになります。

ですから航空会社では第一印象の悪いリスキーな社員は採りたくありません。

どんなに美人ですばらしい経歴があっても、です。

航空会社が『第一印象』を重要視するのは

『第一印象』は、航空会社にとって利益に直結する顧客満足度を多いに左右するから。

なんですね。

だから会社は『第一印象のいい人』が欲しいのです。

採用では『自社の利益に貢献してくれる人』が欲しい、という大前提を忘れずに。

 

では第一印象アップのコツはまた次回・・・

 

 

CAの髪型(2)

航空会社にはCAの身だしなみについての規定があります。

髪型についても長さや色、スタイル、装飾品・・・様々に指定されています。

もちろん、それは航空会社によって様々なのですが、日本の航空会社はとても厳しく、同じくアジア系(コリア、シンガポールは特に)も厳密な規定があります。

航空会社には外部機関による格付け(☆の数で評価されます。最高ランクは☆☆☆☆☆ファイブスター)がありますが、その評価が高い航空会社ほど身だしなみの規定は厳しい傾向にあります。

もちろん入社試験の難易度も比例して高くなります。

今回はそのような身だしなみの規定の厳しい航空会社を前提としてお話させていただきます。

前回、大切なポイントは以下の通りだとお話しました。

・前髪が目(できれば眉毛)にかからないこと

・後れ毛や遊び毛がないこと

・全体に櫛目が通り、分け目がある場合にははっきりと直線になっていること

・肩につく長さになったらまとめ髪にしましょう

これを徹底的に実践してください、徹底的に。

例えば襟足の後れ毛は一本もないようにスプレーで固めましょう。

お辞儀をした時などに前髪がパラっとほどけて目や眉にかかるのも駄目です。

手櫛でラフにまとめては駄目です。櫛をきっちり通しましょう。

分け目はジグザグやはっきりとしないラインになっていませんか。だらしのない印象になります。

今は流行の顔の周りを額縁のように髪の毛で囲う髪型もやめた方がいいでしょう。

さて、どのような髪型になったでしょうか。

実は、上記のポイントを忠実に実践するとスプレーやジェルでカチカチの石膏のような頭になりますから、ちょっとこれはおかしいのでは、とひいてしまうかもしれません。

しかし、それでいいのです。

あまりにきっちりしすぎていて、街中をあるくには少し浮いてしまうかも・・・

しかし、それでいいのです。

実際、私も制服を脱いで私服に着替えるとあまりの髪型とのミスマッチが恥ずかしくて、崩してから外に出ていました。

そんな一見やりすぎで不自然なCAの髪型ですが、航空会社には一歩足を踏み入れると全員がその髪型をしているのですよ。

ですから、航空会社社員である採用担当者の前ではそのくらいきっちりした髪型でいてもなんの違和感も与えません。

今の流行は少しラフでふんわりした、ニュアンスのある髪型ですね。

きっとその方があなたをより魅力的に見せてくれるかもしれません・・・・プライベートでは。

しかし、航空会社ではおしゃれさやファッショナブルであることより、いかに会社の求めるCA像を体現してくれるか、というところを評価するのです。

ここが簡単なようでとても難しいのです。

女性は髪型やメイクアップに独自のやり方がそれぞれ確立されていて、そこから外れた場合はなんだか落ち着かないような、自分ではなくなってしまってそわそわするような、そんな気がしてしまうものですね。

でも、心配しないで思い切ってその会社のCAになりきりましょう!!

 

‚¨‚¾‚ñ‚²‚̈ʒu‚ÍŽ¨‚̉„’·üã‚É‚ ‚é‚ƃoƒ‰ƒ“ƒX‚æ‚­Œ©‚¦‚Ü‚·

 

 

CAの髪型(1)

CAの髪型というと皆さんはどのようなスタイルを思い浮かべますか?

代表的なものは斜めに流した前髪にシニヨン(お団子)、少しセクシーな夜会巻き、若々しいイメージのボブスタイルも多いですね。

面接や写真撮影の際にはどのスタイルでも構いません。

よく『シニヨンがいいですか』『前髪があるのとないのとではどちらがいいですか』

などとといった質問を受けます。

その方に似合う髪型で結構です。

大事なポイントはそこではありません。

しかし、必ず外さないでいただきたいポイントがあるのです。

それは

・前髪が目(できれば眉毛)にかからないこと

・後れ毛や遊び毛がないこと

・全体に櫛目が通り、分け目がある場合にははっきりと直線になっていること

・肩につく長さになったらまとめ髪にしましょう

ということです。

簡単そうに見えますが、これが意外と難しい。

その理由とコツはまた次回お話します。